動物園よりも楽しめる!?動物公園の魅力とは

公園まっぷ トップ > 最新記事一覧 > 動物園よりも楽しめる!?動物公園の魅力とは
更新日:2016年10月10日

動物園よりも楽しめる!?動物公園の魅力とは

公園の中には動物が飼育されていて、利用者と触れ合うことができるところもあります。その魅力とは一体何でしょうか。

動物園よりも身近

動物を見学できる場所、というと動物園が思い浮かびますが、動物公園はその小規模なものです。ですから、ゾウやトラ、ライオンなどのような飼育が大変な動物はいません。ヤギや羊、ニワトリやウサギ、モルモットなど家畜やペットとして飼育されているような動物がいる公園が多いでしょう。また、オウムやインコなどの鳥や、リスなどの小動物がいる公園もあります。これらの動物は人になれやすく、頑丈な檻に入れなくても飼育できるので、より近くから観察できたり、触れ合えたりもするのです。

餌をやったり抱っこすることができる

動物公園の大きな魅力といえば、動物と直接触れ合えることでしょう。ヤギや羊が放牧されている場所に自由に入れるようになっていたり、時間を決めてモルモットやウサギを抱っこできるようになっているところもあります。また、公園によってはフクロウなどの猛禽類を触らせてくれるところもあるでしょう。動物園にもそのようなイベントをやっているところもありますが、動物公園のほうがこじんまりとしている分、込み合いにくいので、小さい子でもゆっくりと楽しめるでしょう。

決まりを守って楽しもう

動物公園は、動物園よりも自由に動物と触れ合える分、夢中になってしまう子供も多いでしょう。しかし、好き勝手にさせていると思わぬ事故が起こってしまうかもしれません。子供が動物と触れ合う時は、公園側から提示されている決まりを必ず守りましょう。また、動物と触れ合った後はよく手を洗うことを忘れずに。

【タグ】