バードウォッチングに最適!!野鳥公園って何?

公園まっぷ トップ > 最新記事一覧 > バードウォッチングに最適!!野鳥公園って何?
更新日:2016年09月12日

バードウォッチングに最適!!野鳥公園って何?

公園にはいろいろな種類がありますが、バードウォッチングに最適な「野鳥公園」というものもあります。いったいどのような公園なのでしょうか。

鳥が集まりやすい公園

普通の公園にも鳥がたくさん集まっているように見えますが、よく観察すると普通の公園に集まってくる鳥は、ハトや雀、カラスなどに限られています。池などがある場合はカモなどの水鳥がいることもありますが、その数は少ないでしょう。野鳥公園とはいろいろな鳥がやってきやすいように工夫された公園のことで、バードウォッチングに最適です。

ポイントは湿地帯

いろいろな種類の野鳥がやってくるために必要な工夫とは何でしょう?そのひとつが湿地帯です。むかしは河岸などに湿地帯が広がっている場所がたくさんあり、野鳥の楽園になっていました。水田も広い意味で解釈すれば湿地帯の一種でしょう。しかし今、湿地帯はほとんどありません。そこで公園内に湿地帯などを再現することにより、野鳥を集まりやすくしているのですね。湿地帯にはいろいろな生き物がいますから、鳥たちはエサに不自由はしません。観察目的にエサ台にエサを置いたりしますが、野鳥の多くは自然に集まってきて自力で餌をとっていきます。

渡り鳥もやってくる

野鳥公園にやってくる鳥の中には、冬にシベリアのほうからやってくる渡り鳥も多くいます。代表的なものは白鳥でしょう。それを目当てにやってくる人も多いようです。また、野鳥公園には鳥の生態を説明してくれるコーナーなどもあり、自由研究などにも利用できますね。さらに定期的に公園側でバードウォッチングを企画してくれたりして、来場者が野鳥に親しんでもらえるような工夫を凝らしています。

【タグ】