お年寄りが散歩しやすい公園の特徴とは?

公園まっぷ トップ > 最新記事一覧 > お年寄りが散歩しやすい公園の特徴とは?
更新日:2016年08月01日

お年寄りが散歩しやすい公園の特徴とは?

年をとっても元気に過ごすには、運動が大切。気軽にできる運動として散歩はとても良いのです。公園なら車の心配もなく散歩を楽しめますが、お年寄りが散歩をしやすい公園とはどんなものなのでしょうか。

一定の広さのある公園は散歩しやすい

公園と一口にいっても、広さも設備も様々です。高齢者が散歩しやすい公園は、一定の広さがある公園でしょう。あまり狭いと遊んでいる子供の邪魔になってしまいますし、歩いていても面白くありません。また、遊具が充実している公園よりも、植物公園や緑地など大人向けの公園に行ったほうがゆったりと散歩を楽しめるでしょう。

遊歩道が整備されている公園

土の地面がむき出しになった場所というのは、意外に歩きにくいものです。特に木の根などが顔を出している場所は歩きづらいでしょう。また、砂地も風が吹けばほこりが舞い、歩きにくいです。

どんなに元気なお年寄りでも若者と同じようにあるくことはできません。少しでも歩きやすいように遊歩道が整備された公園を選びましょう。また、落ち葉の季節は遊歩道が整備されている場所でも歩きにくくなります。掃除の時間を把握しておくとよいですね。また遊歩道が整備されている公園でも、遊具が置いてある公園では子供が急に飛び出してくることもありますから、注意をしましょう。

お手洗いとベンチが備え付けてある公園

元気なお年寄りでも、歩いているとちょっと座りたくなるということは多いですよね。また、トイレが設置されているといざという時に大変役に立ちます。もし、トイレが設置されていない公園で散歩をするなら、近くのコンビニエンスストアの場所を把握しておきましょう。そうすれば、安心して散歩が楽しめますよね。

【タグ】