こどもに公園のマナーを学ばせる最良の方法とは?

公園まっぷ トップ > 最新記事一覧 > こどもに公園のマナーを学ばせる最良の方法とは?
更新日:2016年06月27日

こどもに公園のマナーを学ばせる最良の方法とは?

最近は公園で子供を遊ばせていると、お友達同士のトラブルになることもあります。子供に公園のマナーを学ばせる良い方法はあるのでしょうか。

何事も経験?

子供は口を酸っぱくして言い聞かせるよりも、実際に体験したほうがわかることも多いのです。ですから、公園で子供同士を遊ばせるときに横から口を出すのではなく、黙って見守っていてトラブルになったら初めて解決方法を教えてあげましょう。子供同士のけんかは、それほど深刻な状態になることもありません。ただし、年上の子が一方的に乱暴をしてきた場合は、親が毅然とした態度で叱りましょう。

子供のしたことだからを言い訳にしない

子供が公園の花壇の花をちぎってしまったり、入ってはいけないところに入ってしまったりしても、「子供のしたことだから」とうやむやにしてしまう人がいます。これは教育上よくありません。どんなに小さい子供でも悪いことをしたら叱りましょう。また、親にも監督責任がありますから、一緒にきちんと謝ることが大切です。子供も謝る親の姿を見て自分は悪いことをした、と自覚するでしょう。

その時々で対応を変えない

子供に一度禁止したことは、できる限り許さないことです。たとえば公園で飲食を禁止したのに、お友達が食べているときは特別、という風に許可をしてしまうと子供は混乱します。「よそはよそ」「うちはうち」の姿勢を貫きましょう。

お祭りなどがある場合は、今日が特別の日であることをしっかりと説明してから許可しましょう。親の態度がころころ変わると、子供もそのうち言うことを聞かなくなってしまいます。また、子供が悪さをした場合はその場で叱ることが大切です。

【タグ】