公園の水道を持ち帰ったり勝手に使ったりした場合、罰を受けるの?

公園まっぷ トップ > 最新記事一覧 > 公園の水道を持ち帰ったり勝手に使ったりした場合、罰を受けるの?
更新日:2016年05月23日

公園の水道を持ち帰ったり勝手に使ったりした場合、罰を受けるの?

水道設備がある公園は多いですが、そこから水をポリタンクなどに入れて持ち帰ったり、洗車などに使った場合は何か罰則があるのでしょうか。

公園の水道はみんなのもの

公園の水道は、そこを利用する人々が使うためのものです。水道料金は自治体が負担しており、その財源は私たちが納めた税金です。ですから、誰が使っても文句を言われることはありませんが、それは常識の範囲内での話です。炊事や洗濯に使おうといくつものポリタンクに水を詰めて持ち帰ったり、ホースをつないで洗車をしたりすれば、当然注意されることになるでしょう。

罪には問われにくいけれど

自動販売機の電源を抜いて携帯電話を充電した人が窃盗で逮捕された、という事例もあるように、他人の物を勝手に私用で使うと金銭的被害は僅かであっても罪になります。

しかし、公園は公共の施設なので、勝手に大量に水を使用しても窃盗罪が適用されることはめったにありません。よほど大量に長期間、水を使い続けたというのならば、何らかの処罰が下される可能性がありますが、ふつうは注意で終わります。

ですが、それをよいことに何度も水を大量に持ち帰ったり、洗車など個人的なことに利用したりすると水道が使用禁止になり、多くの人が迷惑するかもしれません。

節約は別のことで行おう

公園で水道を使えば水道代の節約になる、という人もいますが、水道水はとても安価です。数十円の節約のために重たい思いをして水を運ぶくらいならば、別のことで節約をしたほうがよほど有意義でしょう。また、ホームレスの方が毎日大量の水を汲みに来るのを発見した場合は、市役所の福祉課などに連絡してみるとよいですね。

【タグ】