公園以外の場所にも?最新の噴水はこんなこともできる

公園まっぷ トップ > 最新記事一覧 > 公園以外の場所にも?最新の噴水はこんなこともできる
更新日:2016年05月02日

公園以外の場所にも?最新の噴水はこんなこともできる

噴水というと屋外にあって水を噴き上げているというイメージがありますが、最新の噴水はこんなこともできるんです。

最新の噴水はコンピューター制御で動く

公園の噴水は高低差などを利用して水を高く噴き上げるものや、電動ポンプで水を噴き上げるものが多いのですが、最新の噴水はコンピューターで制御されて、より複雑な動きができるようになっています。また、水をそれほど利用しないので、商業施設などの中に設置されているものもあります。さらに技術の進歩によってただ水を噴き上げるだけでなく、球状にして飛ばしたり、絵や模様を描いたりすることもできるようになり、時間ごとに音楽に合わせて水流を動かすなど、エンターテイメントとしても楽しめるようになっています。

最新の水時計がすごかった

噴水は水を利用したオブジェの一種ですが、最新の技術を駆使するとより複雑で見ごたえのあるものになります。その代表例が大阪ステーションシティ、南ゲート広場に設置されている水時計です。現在の時刻が水流によってデジタル表示されるのですが、次の時刻が表示される1分間の間に季節の風物や模様、文字などが次々と表示されていきます。その様子に足を止めて見入ってしまう人も多く、海外でも高い評価を得ています。

水遊びの場としての噴水

そして、最近人気が高いのが子供たちが水遊びできる噴水です。子供たちが遊んでも危なくないように水の勢いが調節された噴水は、溺れる心配もほとんどなく、子供たちが水に親しむ場所として、夏にはたくさんの親子連れでにぎわっています。身近な地域で、最新の技術を使った噴水がある場所を探してみるのも面白いですよ。