どうして最近の公園にはごみ箱がないの?

公園まっぷ トップ > 最新記事一覧 > どうして最近の公園にはごみ箱がないの?
更新日:2016年03月14日

どうして最近の公園にはごみ箱がないの?

最近の公園は遊具も少なくなりましたが、ゴミ箱も姿を消しつつあります。それはいったいなぜなのでしょうか。

ごみ箱を置くとかえって汚れる?

一昔前までは、ある程度の広さの公園にはごみ箱が設置されているのが普通でした。しかし、今は一部の公園を除いてごみ箱はほとんどありません。それはいったいなぜでしょう。

その理由のひとつに、ごみ箱を置くとかえって公園が汚れてしまうという悲しい現実があるのです。今はごみの捨て方がどんどん厳しくなっています。そのため細かい分別が面倒くさいというモラルのない人が、家庭ごみを公園のゴミ箱に捨ててしまうということが増えてきたのですね。

また、公園のゴミ箱に捨てられるごみは、食べ物や飲み物の空き箱やペットボトルが多いです。それを狙ってカラスや野良猫がやってきて、ごみを散らかすこともあるため、公園にはごみ箱が置かれなくなったのですね。

臨時のゴミ箱が設置されても……

しかし、お花見の時期やお祭りのときなど、たくさんの人が公園に集まるときは、臨時のゴミ箱が設置されることもあります。このようなゴミ箱にごみを捨てる時も、ちょっとした心遣いをしましょう。

ペットボトルや空き缶、空き瓶などを一緒に捨てない。べたべたとしたごみはビニール袋にくるんで捨てる。外から持ち込んだごみを捨てない。これだけのことを守るだけで、ごみ箱に捨てたごみを片付ける人もだいぶ楽になります。

今はイベントの後のゴミが、大きな社会問題になっています。ひとりひとりがごみの捨て方に注意を払えば、また公園にゴミ箱が戻ってくるかもしれません。それまでは、出したごみはきちんと持ち帰りましょう。

【タグ】