公園で見つけたものの中で持ち帰ってよいものとは?

公園まっぷ トップ > 最新記事一覧 > 公園で見つけたものの中で持ち帰ってよいものとは?
更新日:2016年03月07日

公園で見つけたものの中で持ち帰ってよいものとは?

公園に遊びに行くと、いろいろなものが落ちていることがあります。それらのものの中で、持ち帰ってよいものとはいったいなんでしょう。

木の実や落ち葉は大丈夫

公園で見つけられるもので、一番興味を惹かれるのがドングリなどの木の実やきれいな色の落ち葉です。特に子供はこうしたものが大好きですので、拾って帰りたいと言われることも多いでしょう。

このように毎年同じ季節になると地面に落ちる木の実や木の葉などは持ち帰っても何の問題はありません。ただし、銀杏など多くの人が欲しがるものは自治体が収穫して後日販売するという方式をとっている場合もあります。また、木に実っているものを無理にとってはいけません。

花は咲いている姿を愛でよう

公園によっては、きれいな花が咲いているところもあるでしょう。タンポポやシロツメクサなど明らかに自然に生えている花々はとっても大丈夫ですが、花壇に植えられている花は持っていってはいけません。また、花によっては花壇の外に群生しているものがありますが、どれほど自然に生えているように見えても勝手に持ち帰ってはいけません。咲いている姿を愛でるだけにとどめましょう。

おもちゃは交番に届けてから

公園の砂場などには時折、誰のものかわからないおもちゃが放置されている場合があります。長い間放置されているものは、もう二度と持ち主が現れない可能性は高いのですが、それでも勝手に持ってかえるとトラブルになるかもしれません。子供が持ち帰りたいといった場合は「ここだけで遊ぼうね」と言い聞かせるか、一度交番に届け、保管期限が過ぎてから受け取りに行きましょう。

【タグ】