なぜタコの滑り台は子供たちに人気なの?

公園まっぷ トップ > 最新記事一覧 > なぜタコの滑り台は子供たちに人気なの?
更新日:2015年05月04日

なぜタコの滑り台は子供たちに人気なの?

タコの形をした滑り台が設置されている公園は全国にたくさんあります。それだけ子供たちの人気が高いということですが、その秘密はどこにあるのでしょうか。

滑りだけじゃない、タコの滑り台には魅力がいっぱい

滑り台というのは、とても単純な遊具です。階段を上って、滑り降りる。たったこれだけのことですが、小さい子供にとってはとても楽しいものなのでしょう。しかし、少し大きくなると上って降りてくるだけではどうしても物足りなくなってしまいます。

タコの形をした滑り台は、複数の滑り台と階段があるものが多く、その滑り台も大きくカーブしていたり、波打っていたりして変化に富んでいます。階段も普通のものがあったり、ウォールクライミングのようにでっぱりをよじ登るようなものがあったりします。つまり、一台でいろいろな楽しみ方ができるのですね。子供たちは気分によって遊び方を変えることができるので、普通の滑り台より人気が高いのです。

成長によってできることが増える

また、タコの形の滑り台は、小さい子供にはちょっと怖く感じるかもしれない角度の傾斜があったり、上るのが難しい階段があったりします。こうした難易度が高いものを成長するにつれて滑れたり上れたりするようになったとき、子供は深い満足感を覚えるでしょう。そこもタコの形をした滑り台が人気の秘密なのかもしれません。

また、タコの滑り台は一度に大勢の子供たちが上って滑り降りることもできますので、鬼ごっこ的な遊びもできるのも魅力ですね。