遊ぶだけじゃない、解放園庭の利用法とは?

公園まっぷ トップ > 最新記事一覧 > 遊ぶだけじゃない、解放園庭の利用法とは?
更新日:2014年09月23日

遊ぶだけじゃない、解放園庭の利用法とは?

解放園庭は、子供を遊ばせるだけではありません。育児相談やママ友づくりなどいろいろなことに利用できるのです。

解放園庭には同じ年代の子供が集まりやすい?

解放園庭には一般的な公園よりも、同じ年代の子供が集まりやすいです。お母さん同士の話も合いやすいので、公園で遊ぶよりも子供は友達ができやすく、お母さん同士も打ち解けやすいでしょう。また、プレ幼稚園代わりに解放園庭に来ている、という方も多いので、子育てに関する情報交換もできやすいです。

保育士さんに育児相談もできる

解放園庭には、責任者として保育士や幼稚園教諭がひとりつく場合が多いです。現在の子育てはどうしても孤独になりがちなので、育児に関する不安なども一人で抱え込んでしまうことが多いでしょう。そんな時に世間話という形でも、保育士さんなどに話を聞いてもらうと心が軽くなることが多いのです。

また、市営の保育士さんや幼稚園教諭は市の職員でもあるわけですから、専門機関を紹介してくれることもあります。また、保育士さんたちが子供たちを集めて読み聞かせやお遊戯などをしてくれることもありますので、遊びにも変化が見られ、子供も喜びやすいのです。