実は避難先でもある?家の近くの大きな公園や広場に行ってみよう

公園まっぷ トップ > 最新記事一覧 > 実は避難先でもある?家の近くの大きな公園や広場に行ってみよう
更新日:2014年09月19日

実は避難先でもある?家の近くの大きな公園や広場に行ってみよう

大きな公園や広場は、子供を遊ばせるだけの施設ではありません。いざというときは避難場所にもなるのです。

公園は広域避難場所でもある

一定の広さを持った公園は、自治体によって広域避難場所に指定されています。地震などの大規模災害が起こったとき、都市部ではビルの倒壊などの恐れがあるため、広くて平らな場所が最も安全なのです。また、公園であれば、トイレや水道などの最低限のライフラインが整備されているので、ある程度の時間をそこで過ごすことも可能です。

家の近くの大きな公園に行ってみよう

子供がいれば行く機会の多い公園ですが、家族が大人だけだったりすれば公園に行く機会もほとんどないでしょう。しかし、今は毎年のように何らかの災害が起こっています。避難場所を確認する意味でも、一度近くの公園や広場に足を向けてみましょう。

広い公園は樹木や草花も多く、ゆっくりと歩き回っているだけでも良い気分転換になります。気に入ったのならば、散歩コースに組み込んでみるのもおすすめです。また、トイレや水道の位置なども記憶しておくと、万が一の時に役に立ちます。

【タグ】