時間帯によってこんなに違うの?公園を利用する人の移り変わり

公園まっぷ トップ > 最新記事一覧 > 時間帯によってこんなに違うの?公園を利用する人の移り変わり
更新日:2014年09月08日

時間帯によってこんなに違うの?公園を利用する人の移り変わり

公園の利用者は、時間によってかなり変わってきます。今まで公園に行ってみたけれどくつろげなかったり、疎外感を感じたりしたかたはもしかしたら、時間帯が悪かったかもしれません。

早朝~午前中に公園を利用する人とは?

早朝から午前中にかけては、高齢者や幼稚園に入園前の小さい子供、それに付き添う母親などが公園の主な利用者です。ジョギングや犬の散歩ができるようなタイプの公園だと、走ったり、犬を連れた方もいるかもしれません。小さい公園だと顔ぶれが決まっていることも多く、初めて訪れる方はちょっと居心地が悪いかもしれません。

お昼~午後早い時間に公園を利用する人とは?

お昼~午後早い時間は、幼稚園帰りの子供とその保護者が公園を利用することが多いでしょう。この時間帯に公園を利用する子供たちは、小さい子供よりもダイナミックな遊びをすることが多く、公園がにぎやかになり始めます。

午後3時以降~夕方にかけて公園を利用する人とは?

午後の遅い時間帯からは、小学生が公園の主役になることが多いです。この年代の子供たちの遊びはバラエティに富んでいるので、公園が一番賑やかになる時間帯です。

夜間に公園を利用する人とは

夜間になると、また犬の散歩やジョキング、ウォーキング、などをする方が公園を利用することが多いです。季節によってはカップルがベンチで語らっていたり、若者がたむろしていることもあるでしょう。また、寂しい場所にある公園などは不審者が出ることもあるので、利用の際には注意が必要です。

【タグ】